スズメ目/ホオジロ科
            鳥名:ホオアカ

  
   <説明
             北海道から九州で繁殖する留鳥。
             ホオジロに比べ背の低い草原を好む。
             繁殖期に雄は草原に点在する木や草のテッペンでさえずる。
             繁殖期には昆虫を好み、秋冬はイネ科の草の実を主に食べる。
             灰色の頭と赤い頬、雄の夏羽には胸に黒と茶の二重の帯がある。

             全長:約16cm 翼開長:約23cm

撮影日:2005/6/5

平尾台へ花を撮しに行った。
三脚を立ててトキソウを撮していると見慣れない鳥が小枝でさえずっている。
あわてて狙いを定め何とか一回シャッターを押した。
帰宅して図鑑を調べるまでは初見の鳥とは思わなかった。

撮影日:2005/6/5

茶が床へ戻る途中ふたたび登場